エアーサスペンションとは

従来の金属バネの代わりに、エアスプリングを使ったサスペンションのことを、エアーサスペンションとかエアサスと言っています。

車には懸架装置が付いていて、道路のデコボコを車が走行している時に、あまり振動させない機能が付いています。

空気圧のコントロールで、細かい振動を良く吸収して、走行している時の安定性や、乗り心地をサポートしてくれる機能です。

普通はコイルスプリングを使用していますが、エアサスはエアーシリンダーという物が、空気の出し入れを調整してくれます。しかも車高の高低も自由自在に調整出来ます。

簡単に言うと、車高が高いとクールでかっこよく見えますが、低いと何か当たるのかもと、気になってしまい、走りにくいです。

少しの段差で道路に当たってしまい、故障してしまう心配も出てきます。

エアサスはニーリング機能が付いているので、スイッチ1つで、車高を上げたり下げたりが可能なんです。

大型のバスやトラックには標準についてます。乗り心地を良くする機能で利用されてますが、トラックではクッション性を良くして、荷物を保護する機能でも利用されてます。

つまり自動車業界では、足回りの一部としても、合理的に認知されているのです。

コメントは受け付けていません。