ハロゲンバルブとは

ハロゲンバルブとは、車のヘッドライトの事です。車の中では大事な部分です。

これには色んな種類が出ていて、その役目について書きたいと思います。

まずライトには大きく分けて、ハロゲンと白くて明るい、HIDがあります。

HIDは最近エコカーブームもあり、増えてきてますが、まだまだハロゲンも多く使われています。

純正バルブをハロゲンに変えることで、明るさもアップします。

カーショップに行くと、たくさん並べられていると思います。

ノーマルやオレンジ色したのとか、白や青白いのとか、たくさん置いてあります。

000Kとか書かれている数値が明るさのことで、数字が多きい程明るくて、値段も高いです。

たくさん市販されていますので、明るさと数値(Kケルルビン)で、自分の合ったバルブを選びます。

購入する際は、車種によって形状が違っているので、愛車がH4タイプなのか、H1タイプなのか、交換する前に確認しておく必要があります。

その役目は、白熱電球と違って、発行部分にハロゲンガスを注入してあるので、電気の消耗が抑えられて、結果的に長持ちすることが出来て、発光温度が高いので光が白くなり、明るくなる役割があります。

明るさを改善することで、夜間ドライブが快適になります。

コメントは受け付けていません。