HIDバルブとは

最近上級グレードの車のヘッドライトがHIDに設定されていることが増えています。

このHIDとは、High Intensity Dischargedの略称で、高電圧の放電によって発行させるタイプのヘッドライトのことです。

ディスチャージライトやキセノンライトなどもこのHIDと同じものです。

高電圧の放電による発光させるので、従来のハロゲンランプなどとは全く違うものとなります。

HIDバルブの特徴は何と言ってもその明るい光です。

白色もしくは制白色の光が特徴で、光量もかなりあります。

そして消費電力がハロゲンランプの約半分という特徴もあります。

消費電力の多さは燃費などにも直結しますから、大きなメリットです。

さらに、ハロゲンランプのようにフィラメントがないため、HIDランプ自体の寿命はハロゲンランプと比べて10倍以上あるといわれています。

従来のハロゲンランプをHIDに置き換えるキットなども売っていますが、場合によってはヘッドライトのレンズがHIDの発熱に耐えられないなどトラブルの原因になることもありますから、車種ごとの対応状況などはしっかりと確かめることをおすすめします。

また高電圧を使ったシステムのため、取り付け方法などを間違えると重大事故につながりますから、少しでも不安に思うときは整備工場などに任せるほうが安心です。

コメントは受け付けていません。