LEDバルブとは

一般家庭用の照明器具としてLEDの電球などを用いることが一般的に認知されるようになりましたが、LEDに関しては以前から工業製品などで活用されてきた経緯があります。

そんな中、自動車にも近年では多用されることが増えており、LEDバルブとして利用することが一般的になります。

ヘッドライトの場合ではハロゲンタイプやHIDなどを利用している自動車も多い傾向にありますが、LEDタイプに変更することによって、長寿命で見た目上としても綺麗な発色を持っているものに変えることができます。

その結果としてドレスアップ用品として活用されることの多いものになり、色温度の高いものが人気とされています。

取付に関しては中にはバラストと呼ばれている専用機器が必要とされていることも多いのですが、ポジションランプや室内灯などの場合では、そのまま交換を行うことも十分に可能とされています。

また、現在ではLEDを利用しているテールランプなども高い人気を誇っているものになり、複数のメーカーから人気車種などに限定してランプキットが販売されているものを目にすることができます。

しかし、LEDの場合では、色温度を高くし過ぎた場合では視界が見えにくくなる例もあるために、一定の配慮も必要です。

コメントは受け付けていません。