リーフスプリングとは

自動車におきまして、車体と車輪をつなぐサスペンションと呼ばれる部分の構造には複数の方式があります。

コイル式やリーフ式などが代表的な方法になります。

コイル式とはコイルスプリングと呼ばれ、バネの形状をしています。

これに対しましてリーフスプリングは、重ね板バネと呼ばれる形状をしています。長さの異なる板バネを複数枚重ね合わせた構造になります。

コイルスプリング式などと比較致しますと構造が簡単で堅固さがあり生産コストが安価である等のメリットがあり、トラックやバスなどの大型車両などやコストの条件等で軽トラックや小型トラック等に多く採用されています。

一般的な小型乗用車に対しましても一部の車種には採用されていましたが近年では構造上のデメリットである、乗り心地や操縦安定性能の問題で一般的な車両におきましては採用を見送られている傾向ですが、オフロード向けの四輪駆動車の一部や貨物輸送用のワンボックス車等では堅固さが重視されて採用されているケースもあります。

近年のサスペンションは積極的に制御するシステムが開発されていますが、構造上の問題によって、それらを取り入れるよりもコスト面や堅固さを最大のメリットとして検討されている方式の懸架構造です。

コメントは受け付けていません。