サスペンションの種類と形式について解説してみた

日常生活において仕事やプライベートなど様々な場面で役に立つ自動車は数多くのパーツで構成されており、それぞれに搭載されている意味があります。

自動車の緩衝装置としてはサスペンションがあり、路面の凹凸が車両に伝わらないようにする役割があります。

形式によって様々な種類があり、車軸懸架、独立懸架などに分類されているのが特徴です。

左右の車輪を車軸で連結するタイプを車軸懸架方式と言い、古くから採用されている方式です。

バネ下重量が重くなったり、旋回による車体のローリングが大きいといった欠点が存在します。

独立懸架方式はバネ下重量が軽く、路面に対する追従性や乗り心地などが良いという特徴を持つ方式であり、スポーツカーなどに採用されるケースが多いです。

トーションビーム懸架方式は、左右の車輪がトーションなどを許容するビームで結ばれている構造となっているのが特徴であり、スタビライザー機能を持っていて、車軸懸架よりも左右の車輪に自由度があります。

軽自動車の前輪駆動の後輪用として使われるケースが多いです。

このようなパーツや構造を採用することで、車の大きさや重量に合わせて乗り心地などを考慮した車の開発が出来るように設計されています。

コメントは受け付けていません。